普通の留学との違い

では、留学とワーキングホリデーにはどのような違いがあるのでしょうか。まず語学留学についてですが、こちらの留学はその名前の通り、現地の学校などに通い、英語などの語学を徹底的に勉強するというものです。

留学はワーキングホリデーとは違い、現地でアルバイトなどを始め、労働をしてはいけないという決まりになっており、学校に通うことが主な目的です。 このため、カリキュラムなどが管理されていることがほとんどです。

これに対しワーキングホリデーですが、ワーキングホリデーの主な目的は、その国の文化、そして生活を知るものになります。学校には短時間の間だけ通うことができ、そして仕事に行って働いたり、また 旅行をしたりすることができます。
学校がメインではなく、海外生活を送りながら、その国についてのこと、そして文化などを知ることができるのです。こちらのワーキングホリデーには、条件があり、年齢制限があります。年齢制限が18歳から30歳までとなり、国によっても異なりますが、期間は1年間となります。

このように、語学留学は現地に語学を学びに行くものになりますが、ワーキングホリデーは現地の文化などをじっくりと知るためのものになります。

ワーホリのメリット

ワーキングホリデーの制度の最大のメリットは、やはりさまざまな外国の文化に触れることで自身の感性を磨くことができ、さらに外国の方とのコミュニケーションを通して、人や国との交流を深めることができるという点です。
一から友達や知り合いなどを作ることができますし、コミュニケーションをとることで、現地の生の英語に触れることができるのです。

ワーキングホリデーの制度においては、長期滞在が可能であり、25~30歳ごろまで滞在することができます。ワーキングホリデーを始めることで、現地で仕事を得て働くだけではなく、自分自身の中で新しい世界が開けることもありえるでしょう。

日本では体験することができないような非日常を体験することができるため、人間的にも、一まわりも二まわりも成長することができるでしょう。自分でも気付かなかった新たな自分を発見することができるかもしれません。

現地で仕事を得て働きながら、語学を学んだりすることができますし、また同時に現地の文化や習慣等を学ぶことができます。またワーキングホリデーでは、そのほかにも、バケーションを楽しむことができます。仕事をすることで、さまざまな面で日本との違いを知ることができ、これらの知識や経験は今後の人生にも生かすことができるはずです。

ワーキングホリデーとは

留学の中でも、ワーキングホリデーという言葉を聞く機会が多いと思います。ワーキングホリデーとは、いったいどういったものなのでしょうか。

留学は主に外国で語学学校などに通い、英語などの語学に関する勉強などを行うことを指しますが、ワーキングホリデーは、外国で仕事を得て一定期間の間働くことがメインとなり、働いて収入を得ることで、現地の文化や価値観を学び、そしてビジネススキルを習得するということが目的となります。

ワーキングホリデーに参加することで、現地で仕事を得ることができ、そこで仕事をし、収入を得ます。それだけではなく、それらを通して、さまざまなことを学ぶことができるのです。
仕事をすることで、英語などの語学を学ぶこともできますし、さらには英語のほかにも現地での価値観や、常識、そして海外から見た日本を再確認することができます。また、外国と日本を比較し、日本で暮らしている自分自身を見直すことにもつながります。

ワーキングホリデーには年齢制限があり、18歳~25歳または30歳が対象ですので、やってみたいと思っている人はそこもチェックしておきましょう。ワーキングホリデーに参加する若者は増えてきており、ワーキングホリデーに参加したという経歴があれば、就職活動でも立派にアピールすることができます。

留学に行こう

留学にはさまざまなメリットがあります。
留学では、異国の地において、一から友達や知り合いを作るという状況になり、新たに人間関係を築き上げていくという経験になります。これは自分の度胸、そして積極性などを高めてくれ、そして一まわりも二まわりも成長することができます。

また、現地の人と生のコミュニケーションをとることで、現地の人の価値観、そして現地の人の文化を知ることができるのです。また、留学をすることで自分自身の視野を大きく広げることができ、さらに外国から見た日本を再確認することができます。その国の文化を知ることができ、そして国際理解を深めることにもつながるのです。

留学は、さらに24時間外国語付けとなることができますので、短期間で語学力を向上させることができます。
留学の場合、場面ごとに英語を聞いて、話して、という一日になりますので、日本にいるよりも短時間で語学力を向上させることができ、英語に親しむことができるのです。日本にいながら英語を話せるようになるのには難しい面がありますが、留学は生の英語に触れることができます。より実践的な環境で英語を使うことになるので上達につながるのです。
英語を学ぶことができるのに加え、海外の文化や、現地の価値観に触れることで、人間的にも、成長をすることができるのです。

これからの日本においては、留学などに積極的にチャレンジし、国際的に活躍することが必要とされています。